林芙美子文学碑(古里公園)

『放浪記』の著者・林芙美子ゆかりの文学碑です。

小説「放浪記」「浮雲」などで知られる女流作家・林芙美子の母親は桜島の古里町で暮らしたことがあり、
芙美子も幼いころの一時期を鹿児島で過ごしたといわれます。
「花のいのちは短くて、苦しきことのみ多かりき」
芙美子がとても好きだったこの言葉が碑に刻まれています。

毅然とした芙美子の姿と、母親に想いをはせているかのような幼少期の銅像から、
波乱の生涯であった女流作家・林芙美子を偲ぶことができます。

文学碑の近くにはお土産屋さんには、林芙美子関連の本や、森伊蔵・魔王のグッズなどがあります。
そして鹿児島市街地でもなかなか手に入らない、長渕剛さんの関連商品を展示、販売。
明るく優しいおばあちゃんが応えてくれます。

林芙美子ゆかりの"古里"です。

林芙美子文学碑(古里公園)の詳細

名称 林芙美子文学碑(はやしふみこぶんがくひ)
住所 〒891-1544 鹿児島市古里町
お問い合わせ 099-298-5111(観光交流センター)
時間 見学自由
定休日 なし
駐車場
その他 桜島港からの距離:車で17分
バス停:文学碑前よりすぐ

地図


より大きな地図で みんなの桜島 を表示

このページの先頭へ戻る