新島(燃島)

穏やかな錦江湾奥に浮かぶ島

桜島の北東沖に浮かぶ島。

1779年より始まった安永噴火に伴い誕生したので、周辺の島々とともに安永諸島と呼ばれています。
安永噴火では、海底噴火や隆起によって8つの島が新たに生まれ、現在は4島が残っています。
新島は海底が隆起してできているため、陸地で約5,000年前の貝化石層を見ることができ、もともとは海の中であったことがわかります。
南東側には軽石でできた海岸があり、歩くとしゃりしゃりと不思議な感覚。以前は海水浴客でにぎわったそうです。


アクセスは、浦之前港を発着する週3日運航の行政連絡船で。
錦江湾奥や昭和火口の絶景を楽しみながら、ゆっくりと休日を過ごすにはもってこいの場所です。


行政連絡船しんじま丸のダイヤ

(平成27年4月1日〜)
     浦之前港 発  10:05  11:35  15:00
                 ↓↑   ↓↑   ↓↑
     新島港  発  10:20  11:50  15:15
   日・水・金曜日運航。

   運賃(片道): 大人100円、小学生50円、高齢者30円、未就学児無料
行政連絡船しんじま丸の詳細は、コチラをご覧ください。

新島(燃島)の詳細

名称 新島(燃島)(しんじま/もえじま)

「新島(燃島)」に関連する記事

このページの先頭へ戻る