溶岩ウォーキング(火山トレッキング)

溶岩地帯を散策しながら、火山での暮らしを支える防災技術に触れる。

大正3年(1914)の大噴火で山の西と東に形成された溶岩地帯のうち、桜島港にほど近い西側の約3kmを、桜島を専門フィールドとする火山ガイドと歩きます。
前半は、林のなかの小道を散策。
溶岩の上に徐々に回復してきた緑を眺め、また火山活動についての案内を聞きながら、地球や自然のたくましさを実感しましょう。
後半は、引ノ平川(ひきのひらがわ)沿いの砂防施設をたどるコース。
特別な許可を得て、通常入ることができない区域を見学し、土石流による被害を防止・軽減するための先進技術や工夫を学びます。
火山と自然、そして火山と人々の関わりがわかる、桜島ならではのプログラムです。

溶岩ウォーキング(火山トレッキング)の詳細

開催場所

桜島西側の溶岩地帯

所要時間 120分(2時間)
料金

¥2,200-/名様(税込)

定員 10~40名様
準備するもの

歩きやすい服装(ジャージ等)・靴、飲み物、
必要に応じ帽子、タオルなど

スケジュール

0:00    道の駅桜島“火の島めぐみ館”到着
0:00~0:10 ご挨拶・コースの説明
0:10~1:50 溶岩地帯をウォーキング
前半:溶岩地帯の林の小道/後半:砂防施設沿い
1:50~2:00 赤水展望広場到着・終わりのあいさつ
2:00    終了・赤水展望広場出発

雨天時の催行

☂雨天中止
(代替プログラムとなります。)

集合場所

道の駅桜島“火の島めぐみ館”
〒891-1419 鹿児島桜島横山町1722-48 (地図

※解散場所は赤水展望広場(集合場所からバスで5分)
〒891-1420 鹿児島市桜島赤水町3629-3 (地図

体験場所

桜島西側の溶岩地帯

注意事項その他

※晴天日は日中気温が上がりますので、帽子、飲み物のご持参をお勧めします。
※コースには国土交通省管轄エリアが含まれます。火山活動等の状況によっては立入が制限される場合があり、その際はコースの大幅変更、代替プログラムへの変更の可能性もございます。あらかじめご了承ください。
※コース上にはトイレがございませんので、事前にお済ませください。
※集合場所、解散場所が異なりますのでご注意ください(いずれもバス駐車場有)。

プログラム予約について

このページの先頭へ戻る