ホーム  > 椿油の使い方

椿油の使い方

「椿油」は、髪のお手入れ以外にもたくさんの用途があります。そんな「椿油」を使用したお手入れの方法や、「食用つばき油」、「椿油の搾り粕」の使い方などをまとめてご案内致します♪

椿油で肌のお手入れ

2011/03/29

「椿油=髪」のイメージが強いですが、椿油は顔や身体のお手入れにも使うことができます。
オレイン酸は皮膚より吸収されやすく、肌を柔らかくするエモリエント効果があると言われています。
従って、オレイン酸を約85%も含む椿油は、顔や身体のお手入れにも向くと言えます。

肌のお手入れイメージ

続きを読む

椿油で髪のお手入れ

2011/03/29

日本では、昔から椿油は黒髪を美しく保つ油として重宝されてきました。
頭皮には栄養を、髪は保護して艶を与え太くしっかりさせます。
ドライヤーやカラーリングのダメージから髪を守り、サラサラに保ちます。
軽い紫外線防止効果があるので、髪を日焼けから保護することができます。

※参考文献 『アロマテラピー図鑑』佐々木薫/監修(主婦の友社)

桜島でも、昔から髪のお手入れに椿油が使われてきました。
「何十年も椿油を使っている。」と仰るおじいちゃん、おばあちゃん達は髪がふさふさで白髪も少なく、椿油の力を思い知らされ、使い続けることが大切なんだとしみじみ実感しました。

続きを読む

椿油搾り粕の使い方

2011/03/29

ここでは、椿油の搾り粕についてご紹介いたします。

椿油の搾り粕について

昔から、椿油だけでなく、椿油の搾り粕も様々な用途に使われてきました。
椿油の搾り粕には「サポニン」とよばれる成分が含まれています。
サポニンは水に溶けて発泡する性質があるため、天然の界面活性剤として昔からシャンプーや洗剤代わりに使われてきました。
その他にも、魚毒用、ジャンボタニシの駆除、肥料や土壌活性剤、床のつや出しなど多くの用途に使われます。

続きを読む

椿油を食用に

2011/03/31

食用椿油

1.歴史
椿油は食用としても、昔から使われて来ました。鎌倉時代に確立された精進料理には揚げ油として使われており、江戸時代には一部の高級店で天ぷら油として使われ、将軍徳川家康は椿油で天ぷらを揚げて食していたと言われています。
2.特徴
オレイン酸は、血中コレステロールを下げる働きがあり、善玉(HDL)コレステロールは下げずに悪玉(LDL)コレステロールだけを下げると言われています。また、胃に優しく、腸の滑りを良くすると言われます。

続きを読む

1

このページの先頭へ戻る