溶岩原で溶岩糖

桜島に渡ったらどこへ行けばいいの?桜島で何ができるの?
そんな疑問に、桜島ビジターセンターのスタッフがゆるくお答えします!(不定期更新)
=====

昔懐かしの桜島土産「溶岩糖」。
2015年3月、ホンモノの溶岩の色で再登場となりました。

150802_1.jpg
甘いお砂糖のお菓子です。

お土産として、おやつとして人気が高いこの商品、桜島ビジターセンターで販売しています。
こちらをもっと楽しんじゃいましょう!

150802_2.JPG
ビジターセンターのすぐそばは、大正時代の噴火でできた溶岩原。
溶岩なぎさ遊歩道を少し歩けば、溶岩でできた磯へ到着。

150802_3.JPG
じゃーん!溶岩糖です!

150802_4.JPG
(拡大)

150802_5.JPG
溶岩糖を溶岩の上に置いてみました。どれが溶岩糖かわかりますか?

150802_6.JPG
(ヒント:拡大してみました)




正解は・・・
150802_99.JPG
これでした!

150802_7.JPG
手のひらに並べてみても、やっぱり似てますね!
左がホンモノの溶岩、右が溶岩糖です。


150802_8.JPG
さ、いただきます!甘くておいしい!



150802_9.JPG

せっかく溶岩原があるのです、
溶岩糖は溶岩原で食すべし!

(溶岩糖は桜島ビジターセンターや桜島オンラインショップ等で販売中)

このページの先頭へ戻る